2006年12月06日

男性更年期障害

更年期障害といえば、女性特有の病気というイメージでとらわれてきましたが、最近になってやっと男性の更年期障害は、認識されつつあるようです。
女性の場合は、更年期障害の原因が明確で閉経によるホルモン分泌が急激に低下することから症状が出てくるのですが、男性の場合は徐々に男性ホルモンの分泌が減少してくるので、どちらかというと更年期障害より加齢や生活習慣病による症状の方が気になる方が多いようです。

男性更年期障害は主に40代から50代にかけて症状が顕著になるようです。
女性の更年期障害と同じように、この年代は「リストラ」「夫婦間の問題」「親の介護」など社会的にもプライベートでも責任が大きく、ストレスが増す時期です。

男性更年期障害が実はとても怖い病気だと思うのは、この年代の方に自殺する方がとても多いということだと思います。
男性は悩みがあると、自分ひとりで解決しようとするので、周囲に相談したり、聞いてもらうことに抵抗感を感じるようです。

更年期障害は病気ですが、一時的なもので、時期が過ぎれば治まりますので、くれぐれもその点だけは念頭に入れて、心のコントロールを心がけるようにしましょう。
posted by healing-clinic at 15:53| 男の更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。