2006年11月29日

テストステロン

男性ホルモンには、テストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロストロン(DHEA)、アンドロステロン、アンドロステンジオン(androstenedione)などがあります。
その中でも知名度が高いのが、テストステロンですが、女性ホルモンのエストロゲンと同じように、男性ホルモンの中で生理活性が一番強いと言われているからです。
つまり、男性ホルモンの主な作用についてはテストステロンを考えればよいと思われます。

このテストステロンはほとんどが睾丸(精巣)で作られ、脳からの命令で分泌されています。
1日の間で最も分泌する時間帯は早朝4時くらいから8時くらいだと言われています。
(だから朝立ちなるものの現象が現れるわけですね。)

ちなみに、20〜30歳代の若い成人男性が精巣で1日に分泌するテストステロンは、7mg前後と言われています。
年を取ってくると、このテストステロンが徐々に減少していき、いわゆる男の更年期症状が現れてくるのです。
posted by healing-clinic at 16:24| 男性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。