2006年11月25日

骨粗鬆症の診断

背骨のエックス線写真と骨密度を測定して診断します。

圧迫骨折があれば、骨粗鬆症と診断されます。

骨密度が0.710g/cm2以下だと骨粗鬆症と診断されます。

なお、正常な骨密度は0.810g/cm2 以上です。(日本骨代謝学界診断基準より)
posted by healing-clinic at 22:23| 骨粗鬆症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。