2006年12月17日

どうして白髪になるの?

白髪は大体35歳くらいから現れます。(もちろん個人差はあります)

白髪になるメカニズムはわかっているのですが、白髪になる原因は、これだけ医学が発達した現代においても、完全には解明されていません。

一般的には、遺伝的な要素、加齢、生活環境や病気、ストレスなどによって白髪になるといわれています。

◆白髪になるメカニズム

毛髪は頭皮内の毛根の深部にある毛球部で作られます。

毛球部内にある毛乳頭が毛細血管から栄養素を取り入れ毛母細胞へ供給します。

栄養素を吸収した毛母細胞は、分裂して成長し頭皮の上へ出た部分が毛髪です。

毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、もともとは白髪なのですが、毛髪が成長する過程で色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素が取り込まれて、髪が黒くなったり茶色くなったりするのです。

白髪は老化現象によって色素細胞の機能が低下したり消失して、メラニン色素がつくられなくなって発生します。
また衰弱性の病気や精神的ショックやストレスなどが原因で白髪が出ることもあります。

posted by healing-clinic at 11:50| 白髪・はげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。