2006年12月07日

更年期障害の予防方法

典型的な更年期症状が出てきたら、(参照→更年期障害自己診断テスト)診察を受けて確認することが大事です。
診察を受けてみたら、更年期障害よりも成人病を併発していたということも多分にあるので、自分の体の状態をよく把握しておくことが予防にもつながります。

日頃からの食生活や生活リズム、十分な睡眠と休養は更年期障害だけではなく、いろんな病気の予防になります。

アルコールを飲む女性が多くなっていますが、女性は本来アルコールに弱い体質なので、ほどほどに。

中高年になると胃酸度も低くなり、胃酸分泌量も少なくなりますので、大食しないように心がけましょう。

更年期障害の遅発症状である、骨粗鬆症のことも念頭に置き、日頃からカルシウムを摂取し、適度な日光浴をおすすめします。
(カルシウムは極端に多く摂取するのではなく偏らないよう満遍なく適度に取り入れることが大事です)
posted by healing-clinic at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9536154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。