2006年12月07日

更年期障害ってどんな人がかかりやすいの?

一般に、体質あるいは体型では肥満の人、大柄の人は更年期症状が比較的軽く、やせぎすの人は更年期症状が強く出ると言われます。

人それぞれに更年期症状の程度、時期も違うので一言では言えませんが、どちらかというと太り気味の人は更年期症状が軽いようです。
それは、やせている人は甲状腺機能が亢進(たかぶっている)している状態が多いからです。
甲状腺機能が高ぶっていると、のぼせに似た症状が出て、汗をたくさんかいたり、精神的にもイライラしやすいのです。

やせぎすの人、またはストレスを受けやすい人は更年期症状が強いと言われます。
性格的にはまじめで几帳面な人、少しのことでもくよくよする人、うつ傾向のある人も更年期障害がより強くなる可能性があります。

症状、障害があると大病ではないかという不安感がストレスになる場合も多いのですが、正しい診断を受ければ、症状に対して不安がらないですみますので、ストレスも減ると思います。
posted by healing-clinic at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくよかな人の方が更年期障害強く出るような感じがします。
Posted by at 2012年10月28日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。