2006年12月07日

若いのに更年期障害!?

最近は、成人病が若年化してきたということもありますが、若い人の不定愁訴症状が更年期の症状によく似ています。

これは自律神経失調症状があるからですが、いわゆる不定愁訴は「精神症状+自律神経失調症状」であって、自律神経の症状は、のぼせ、熱感、発汗、頭痛といった一連の血管運動神経症状です。

若い人でも体の成長過程の上昇時期と下降時期で変調がおこるので、更年期障害に似た症状が出てきやすいと考えられます。

posted by healing-clinic at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9431019

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。