2006年12月07日

更年期症状と更年期障害

卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌は、大体32歳から33歳がピークで、それから閉経までゆっくりと富士山の裾野のカーブのように分泌量が下がります。
その下降線上で起こる不定愁訴更年期症状といいます。
更年期症状とは、その不定愁訴の症状的なものをいいますが、更年期障害というと病的なものになります。

たとえば、“のぼせ”があってもそれに耐えられるようであれば、更年期の不定愁訴あるいは更年期症状です。
“のぼせ”がひどく汗もかいて寝られないというような症状がでれば、更年期障害です。

更年期障害の愁訴と症状
・肩こり    ・腰痛    ・倦怠感    ・もの忘れ
・頭痛     ・冷え性   ・気分不安定  ・動悸
・憂鬱     ・めまい   ・顔面紅潮   ・発汗
・不眠     ・のぼせ   ・不正出血   ・イライラ

35歳くらいから40歳くらいは精神的ストレスが加わりやすいし、社会的、経済的にもいろいろ負担が多い時期なので、更年期症状が出やすいとも考えられます。
posted by healing-clinic at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

更年期について
Excerpt: TB失礼します。記事、とても参考になりました。「更年期」に関する記事にリンクさせて頂きました。また、お邪魔します。
Weblog: 健康と美容の為のダイエット!クチコミ情報局
Tracked: 2006-09-04 09:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。