2006年12月09日

更年期には身体にどんな変化がおこるの?

女性は、加齢により卵巣の機能が衰えます。
卵巣が衰えてくると、脳下垂体の前葉ホルモン(ゴナドトロピン)が卵巣に働き、エストロゲンを分泌するようにと命令を出すのですが、機能が衰えてきているので、命令が下りたのにもかかわらず、卵巣からホルモンが分泌されないので、高ゴナドトロピン血症になります。
更年期の特徴は、このように間脳・下垂体・卵巣系機能に破綻が見られることです。

最近は、寿命が延びてきたために、高年齢層が増え、初老期、老年期になっていろいろな症状を訴える人が多くなりました。
女性ホルモンが皆無になった状態で発現するエストロゲン欠乏の遅発症状が現れるのです。

エストロゲン欠乏の遅発症状の代表的なもの

●骨粗鬆症

●老人性膣炎

●尿失禁
posted by healing-clinic at 20:58| Comment(1) | TrackBack(2) | 更年期って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
看護大生です。

とても説明がわかりやすく、テスト前に役立ちました。ありがとうございました。
Posted by 環 at 2009年01月12日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9428971

この記事へのトラックバック

更年期障害と間違いやすい病気
Excerpt: 更年期障害に少しでも役立てばと思っています。
Weblog: 更年期@ダブルはたちの四方山話
Tracked: 2006-07-30 23:17

激しいかゆみを洗浄 外陰部を母乳シャワーでリフレッシュ
Excerpt: カンジダ膣炎発症・・・またこの携帯シャワーのお世話になるか。自浄作用が上がるし。妻夫木君を見に行った日からかゆくなった気がスル。。
Weblog: カンジダ膣炎治療 カンジダ膣炎を自宅で治療
Tracked: 2006-09-28 22:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。