2006年12月01日

エストロゲンの役割

エストロゲンは卵巣の卵胞(卵子を囲む特別な細胞群)から分泌されます。

月経期から分泌量が少しずつ増え、月経周期の14日ごろ、つまり排卵期に最大に分泌します。
排卵期には多くの女性におりものがみられますが、これはエストロゲンの作用によるものです。
また乳腺の発育をうながしたり、外陰部の発育やはたらきにも大きなかかわりをもっています。

エストロゲンの役割は多彩です。

1.膣の粘膜に作用し、粘膜細胞を丈夫にして、最近の繁殖を防ぐ

2.子宮に働きかけ、子宮内膜を増殖させる

3.子宮膣部から粘液の分泌をうながし、排卵期に精子が子宮内へ入りやすくする

4.骨の量を増やすと同時に骨の成長をとめるはたらきがある
("骨粗鬆症"に大きくかかわってきます)

5.コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ

6.コラーゲンを作る作用を高めるので、肌をみずみずしく保つ

7.ヒアルロン酸、水分含有量を増加する

8.皮下脂肪組織の産生を抑制する

この他、他の内分泌臓器や中枢神経に作用し、多くの生理現象に深いかかわりを持っています。




【関連する記事】
posted by healing-clinic at 15:26 | TrackBack(1) | 女性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

乾燥肌の原因【女性ホルモン】
Excerpt: 乾燥肌にならない為に、女性ホルモンのバランスはとても大切です。乾燥した肌を作らない為には、まず、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンのバランスを保つことが重要です。
Weblog: 乾燥肌対策サイト 肌の乾燥を防ぐこんな方法
Tracked: 2006-10-20 18:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。