2006年12月01日

女性ホルモンの分類

女性ホルモンの分泌状態からみると女の一生は、卵巣から分泌されるエストロゲンによって変化します。 エストロゲンの役割参照
思春期の初め頃よりエストロゲンの分泌が始まり、成熟期に盛んに分泌し、やがて更年期になるとエストロゲンの分泌が少なくなり、閉経で分泌がなくなります。
閉経は卵巣機能が失われる現象なので、閉経以降の女性には女性ホルモンの分泌はほとんどありません。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲストーゲンの2つのホルモンに大別されます。

さらにエストロゲンを分類すると  

●エストロゲン  エストロン
         エストラジオール
         エストリオール    の3種類に分類されます。

女性ホルモンとして強い作用を持つのはエストロンとエストラジオールでエストリオールは排泄型のエストロゲンで前の2つにくらべると弱い活性しか持っていません。


●プロゲストーゲン は大まかな言い方をすれば、エストロゲンの作用を中和するホルモンと考えられます。


【関連する記事】
posted by healing-clinic at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9325182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。