2006年12月28日

目 次

◆老化って?
 1. 老化とは?
 
◆老眼・白内障
 1. 白内障って?

◆白髪・はげ
 1. どうして白髪になるの?
 2. 白髪予防に効果的な栄養素
 3. どうしてはげるの?

◆シミ・しわ 
 1. シミの種類
 2. シミの原因
 3. しわの原因

◆更年期って?
 1. 更年期っていつから?
 2. 更年期はどれくらいの期間?
 3. 更年期には身体にどんな変化がおこるの?
 4. 更年期を迎えてからかかりやすい主な病気
 5. 更年期が過ぎて特に気をつけなければならない病気

◆更年期障害
 1. 更年期症状と更年期障害
 2. 更年期障害の早発症状と遅発症状
 3. 更年期自己診断テスト
 4. 更年期障害はどんな検査をするの?
 5. 更年期症状が出てきたら何科に行くの?
 6. 更年期障害の治療
 7. ホルモン補充療法に使われるホルモン剤
 8. ホルモン補充療法とがん
 9. 子宮ガンは更年期障害?
10. 更年期障害ってどんな人がかかりやすいの?
11. 更年期症状を和らげるために
12. 更年期障害の予防方法
13. 更年期に摂りたい栄養素
14. 若いのに更年期障害!?
15. ホルモン補充療法

◆男の更年期障害
 1. 男性更年期障害って?
 2. 男性更年期障害の定義
 3. 男性更年期障害チェックリスト
 4. 男の更年期障害の主な症状
 5. 診察ってどんなことするの?
 6. 男性更年期障害の主な治療法

◆女性ホルモン
 1. エストロゲンの役割
 2. 女性ホルモンの分類

◆男性ホルモン 1. テストステロン
 2. テストステロンの働き
 3. 男性ホルモンと脱毛

◆骨粗鬆症
 1. 骨粗鬆症って?
 2. 骨粗鬆症の種類
 3. 骨粗鬆症の診断
 4. 骨粗鬆症の予防
 5. 骨粗鬆症とカルシウム
 6. 骨粗鬆症の検査

posted by healing-clinic at 00:00| トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

老化とは?

老化といっても個人差が大きいので「老化」というものを定量的に決めるのは難しいものです。
ですが、一言で言えば、老化とは、成長期を過ぎた後、加齢とともにだんだんと身体の機能が衰えてくることです。
色々な老化現象がありますが、大別すると体の衰えと精神の衰えに分けられると思います。
さらに身体の衰えを分けると生理的老化と病的老化に分けられます。

さまざまな老化現象 

 ●体の衰え--- 
   生理的老化・・・白髪・シミ・しわ・はげ・老眼・白内障
             筋肉の衰え など
   病的老化・・・・・骨粗鬆症・動脈硬化・痴呆 など

 ●精神の衰え--- やる気、緊張感の欠落、
            環境への適応能力の低下、
            ストレスに対する忍耐力の低下 など


posted by healing-clinic at 11:14| 老化って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

白内障って?

白内障とは、目のレンズのはたらきをする水晶体という部分が黄色や灰白色ににごり視力が低下する病気です。
カメラと同じように、レンズがにごってしまうので、放っておくと視力を失うこともあります。
水晶体の表面には活性酸素の影響をおさえる酵素やビタミンCが豊富に含まれています。
しかし、年をとるにつれて酵素の量が減り、活性酸素の影響をおさえられなくなるため、白内障になりやすいのではないかと考えられています。

白内障の進行を抑えることは、なかなかできないようですが、手術などで比較的簡単に治療ができます。

posted by healing-clinic at 11:36| 老眼・白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

どうして白髪になるの?

白髪は大体35歳くらいから現れます。(もちろん個人差はあります)

白髪になるメカニズムはわかっているのですが、白髪になる原因は、これだけ医学が発達した現代においても、完全には解明されていません。

一般的には、遺伝的な要素、加齢、生活環境や病気、ストレスなどによって白髪になるといわれています。

◆白髪になるメカニズム

毛髪は頭皮内の毛根の深部にある毛球部で作られます。

毛球部内にある毛乳頭が毛細血管から栄養素を取り入れ毛母細胞へ供給します。

栄養素を吸収した毛母細胞は、分裂して成長し頭皮の上へ出た部分が毛髪です。

毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、もともとは白髪なのですが、毛髪が成長する過程で色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素が取り込まれて、髪が黒くなったり茶色くなったりするのです。

白髪は老化現象によって色素細胞の機能が低下したり消失して、メラニン色素がつくられなくなって発生します。
また衰弱性の病気や精神的ショックやストレスなどが原因で白髪が出ることもあります。

posted by healing-clinic at 11:50| 白髪・はげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

白髪予防に効果的な栄養素

白髪の進行を遅らせるためには、メラニン色素を作るために必要な栄養素をしっかり摂取しましょう。

◆髪を黒くするのに必要な栄養素

 ・亜鉛     
  髪の主原料であるアミノ酸の合成に不可欠な栄養素です。
   ★亜鉛を含む食品
     牡蠣、牛肉、鶏肉、豚肉、ゴマ、卵、穀物

 ・カルシウム  
  メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)を活性化します。
   ★カルシウムを含む食品
     乳製品、小魚、大豆、大豆製品、種実類、海藻、
     葉っぱ類、乾物類
 
 ・銅      
  チロシンを黒くするのに銅が使われます。

   ★銅を含む食品
    アーモンド、牡蠣、納豆、エビ、ズワイガニ
posted by healing-clinic at 21:32| 白髪・はげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

どうしてはげるの?

年を取ると、頭皮の下にある毛母細胞の機能が衰えてしまい、あたらしい毛髪をつくることができなくなります。
と同時に毛髪の根本を包む毛包という細胞が破壊されて髪が抜け落ちてしまいます。
年齢とともに、だれでも毛が細くなったり、薄くなったりしますが個人差が大きく、遺伝による部分も大きいとされています。

老化による原因とは違いますが、紫外線、パーマ液、毛染液なども髪へのストレスで、髪を傷める原因となります。
また、髪や地肌を不潔にしていると、地肌の角質や毛穴の皮脂がとどまり、カビや細菌、ダニなどが繁殖する元となり、さらに毛包部の血流を悪くし、新陳代謝を下げてしまい、髪が細く薄くなったり、脱毛からハゲを悪化させる原因となったりします。
posted by healing-clinic at 11:46| 白髪・はげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

シミの種類と原因

一言で「シミ」と言ってもシミにはいろいろな種類があります。

●雀斑(そばかす)

●肝斑(シミ)

●老人性色素斑(老人のシミ)

●リール黒皮症

●黒子(ほくろ)

シミになる原因もそれぞれ違います。
そばかすは白人に比べ日本人には少ないようですが、色白の人に多く、遺伝的なものと言われていますし、シミはストレス、過労、妊娠、ピルなどの服用に日光照射の紫外線が加わると発生すると言われています。
老人性のシミは、一般的には長い期間日光に当たり紫外線を浴びた事が原因だと考えられてます。
リール黒皮症はあまりなじみのない言葉かもしれませんが、化粧品などが原因で生じる、シミのような皮膚障害のことです。
最近では、化粧品の品質が向上したのであまり見られないようです。

posted by healing-clinic at 18:46| Comment(5) | TrackBack(4) | シミ・しわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミの原因

シミにはいろんな種類があり、原因もそれぞれ違いますが一般的に主な理由としては

1. 紫外線

2. 乾燥

3. 過酸化脂質


があげられます。

太陽からの日光に含まれる紫外線を浴びると表皮は紫外線をさえぎろうとするため、メラミンという色素を作ります。
夏に日焼けしてしまうのはこのためです。
新陳代謝が活発に行われている若い頃は、このメラミンはアカとなって剥がれ落ちていくのですが、年齢とともに新陳代謝が落ちていますので、剥がれ落ちなかった色素がシミとなってしまうのです。
また乾燥することによって、肌はメラミンの合成を助けてしまいます。
日焼けした肌は乾燥していますが、潤いを与えればメラニンの合成を防ぐことができます。

過酸化脂質とはリール黒皮症の原因(参照→シミの種類)となるものです。
化粧品に含まれている油分は、酸素や排気ガス、紫外線などによってとても酸化しやすくなります。
この酸化した油分は肌にとても有害でダメージを与えてしまい、細胞やコラーゲンまで破壊し、新陳代謝を低下させてしまうのです。


posted by healing-clinic at 13:51| シミ・しわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

しわの原因

しわは老化とともに目立ってきます。

原因としては以下のことがあげられます。

1.肌の乾燥

表皮の角質層には15%程の水分が含まれていますが、この水分が蒸発してしまうと肌が乾燥してしまいます。
お肌に乾燥は大敵と言われますが、乾燥は皮膚の老化を早めてしまいます。
肌が乾燥するとエラスチンやコラーゲンが作っている線維芽細胞という細胞の活動がにぶくなってしまい、潤いや柔軟性を失った状態で肌が動くとしわができるのです。
また乾燥によって新陳代謝が乱れ、細胞がたっぷりと水分を蓄えられなくなるので、角質層にも隙間ができ、ますますしわの程度が進行していきます。

2.紫外線

紫外線により、皮膚真皮層のコラーゲン線維が減少したり、エラスチンが変性してしまいますが、このように紫外線により老化現象が早まることを光老化と言います。
皮膚に張りがあるのは、コラーゲンという線維が真皮層にあるからですが、コラーゲンは光老化により減少していきます。
また、皮膚がやわらかく伸縮するのはエラスチンという線維が真皮層にあるからですが、光老化によりエラスチンは不規則に乱れ、へこんだ状態となってしまうため、柔軟性が失われます。

3.皮下脂肪の減少

年をとると、眼がくぼんだ感じになりますが、これは眼の周りが、老化によって局所的に皮下脂肪組織が減少する場所だからです。
目の周りはとくに加齢による変化が出やすいので、眼窩脂肪体の減少で、目元のしわが深く刻まれてくるのです。
posted by healing-clinic at 15:08| シミ・しわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

更年期っていつから?

いろいろな区分の仕方があるようですが、年齢的に区分すると

●幼女期〜少女期(8歳頃まで)

●初潮〜思春期(12歳頃から18歳頃まで)

●成熟期(18歳頃〜45歳頃まで)

●更年期(45歳頃〜55歳頃まで)

●老年期(55歳以降寿命まで)

という4つの時期に区分されます。

女性ホルモン エストロゲンの分泌により女性の一生は変化するので、この4つの時期区分も人によってはズレがあります。



posted by healing-clinic at 23:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 更年期って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。